継ぐをつなぐ。「家業を継ぐ人」のためのコミュニティ

2018.5.19 sat. 家業イノベーションCAFE @関西


〜家業×○○○ 未来のシゴト・地域を仕掛ける若者たちが集う〜

日時・場所

日時:5月19日(土) 14:00〜17:30 ※17:30〜19:00は交流会を開催する予定です
会場:大阪商工会議所 401A
大阪市中央区本町橋2-8
http://www.osaka.cci.or.jp/access/access_cci.html
最寄り駅:地下鉄堺筋線 堺筋本町駅より徒歩7分(12番出口)
地下鉄中央線 堺筋本町駅より徒歩7分(1番出口)
地下鉄谷町線 谷町四丁目駅より徒歩7分(4番出口)

実施概要

これからの関西を仕掛ける「実家が家業のワタシ」が大集合!

AI・ロボットが活躍し、高福祉・低成長の日本の未来に、自分はいかに仕掛けるか?
「継がなきゃいけない」というネガティブなイメージは一昔前の考え方。
家業を継ぐことは夢を諦めることではありません。

家業イノベーションCAFE@関西では、型破り・革新・自分らしさを踏まえた、
オリジナルな「家業のカタチ」を体現している家業イノベーターと、
これから自分らしい家業の関わり方を模索する高校生〜30代社会人が集まり、
家業の仕掛け方についてのアイディア・悩みをシェアする場です!

対象・定員

対象者:実家が家業を営み、これからのキャリアを考えている10〜30代の高校生〜社会人
※地域の家業を支援したい方もご参加可能です。
定員:39名(定員に達し次第締め切らせて頂きます)

タイムテーブル

・13:45 開場(受付)
・14:00~14:20 イントロダクション (開催趣旨の説明・主催者自己紹介)
・14:20~15:10 3〜5名の家業イノベーターによるリレートーク
・15:10~16:10 テーマ別分科会
・16:10~17:10 よろず相談会
・17:10~17:30 クロージングセッション
・17:30~   ネットワーキングパーティ

登壇者

山本典正氏 平和酒造株式会社 代表取締役専務

1978年、和歌山県に生まれる。京都大学経済学部を卒業後、東京のベンチャー企業を経て実家の酒蔵に入る。大手酒造メーカーからの委託生産や廉価な紙パック酒に依存していた収益構造に危機感を覚え、日本酒業界にあっては他に類をみない革新的組織づくりをするとともに、自社ブランドの開発・販売に力を尽くす。一方で、全国の若手蔵元と協力のもと、日本酒試飲会「若手の夜明け」を立ち上げ、2011年から代表をつとめる。代表的な銘柄は「紀土」と「鶴梅」。紀土大吟醸はIWC(インターナショナルワインチャレンジ)2014でリージョナルトロフィーを受ける。

 

鈴木みどり氏 株式会社鈴木靴下

株式会社鈴木靴下(奈良県磯城郡)の三代目跡取り娘。
のどかな田園風景が広がる町で兼業農家の娘として育つ。
大学卒業後、3年間CAとして世界を飛び回り、4年前から家業で修行中。 大手スポーツメーカーの下請け(OEM)を基盤とし、 開発LOVEの父が開発した米ぬか繊維・ソックスなど自社ブランドの企画・開発・営業に奮闘中。 現在は、CA時代の経験を活かしたパンストを開発中。モットーは「365日笑顔で挨拶」。

 

中尾友彦氏 中尾食品工業株式会社 代表取締役社長

1988年生まれの30歳。大阪・堺市で100年近く続く中尾食品工業(株)の4代目。高校1年の夏に社長になることを決意。大学時代、大手コンサル会社への就職を目標に活動を行うが、リーマンショックの煽りを受けた求人状況の中、最終面接で落選。気持ちを切り替え営業職なら何でも良いと視野を広げ、唯一内定をもらえた全く興味のない証券会社に就職。2年間の個人向け営業では常に同期No.1。祖父の2度目の脳梗塞を受け、家業に戻ることを決意。取締役として転職してから半年後の11月、父であり当時社長から代表権を奪い取り、代表取締役に就任。海外の人たちにもっとこんにゃくを食べてもらい健康になってほしい思いで、日々奮闘中。

 

高井麻記子氏 カタシモワイナリー(カタシモワインフード株式会社)

大正3年(1914)創業、日本酒の製造技術を用いてワイン醸造を始めた、西日本では現存する最古のワイナリーの5代目。外資系企業を経験後、家業である葡萄酒屋に戻り、かつて日本一の産地だった大阪のぶどう畑を後世に残し、地域と共に歩んで行こうと、ワイナリーツアーやイベント等、様々な取り組みを積極的に行っている。醸造したワインは、日本ワインコンクール、CHINA WINE & SPRITS AWARDS(香港開催)、フェミナリーズ世界コンクール2018(フランス開催)など受賞多数。

 

前田真氏 株式会社前田精密機器製作所

兵庫県神戸市出身。家業は神戸で創立100年以上続く町工場。2009年、楽天株式会社に新卒入社し、数百社のEC拡販を支援。
本社広報に異動後、日本一売れるグルメイベント 「楽天うまいもの大会」 を日本各地やシンガポールで開催した後、新規事業 「楽天フェスティバル(楽フェス)in東京ビッグサイト」の立ち上げを担当。 2017年、航空宇宙分野を中心に精密小型部品を製造する”株式会社前田精密製作所”へ入社。 町工場をテクノロジーで革新する #町工場Tech が2018年のテーマ。関西大学在学中に創設した、ジャズイベント”Swing Jazz Cruise in Kobe”は、今年で11年目。 twitter:@makoto_tp

 

ファシリテーター:NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事 宮治勇輔

 

 

家業イノベーションCAFEとは

実家が家業を営む高校生から30代の若手社会人を対象とし、
「時代の変化に対応した家業の革新について、先輩の事例や取組に学び、将来を見据えた選択肢を自ら選び取ることを応援する」
「家業を継ぐことを前向きにとらえられる若い世代を増やすことで、将来の地域を引っ張る次世代リーダーを育成すること」
を狙いに、活動を開始。

「自分の生きたい生き方」を実現するべく自分らしく家業に向き合う「家業イノベーター」も全国から参加。
仲間と切磋琢磨しながら、自分らしいチャレンジを仕掛けるコミュニティを全国のネットワークでつくりあげる。

昨年8月に「家業イノベーションキャンプ」を1泊2日にて初実施。
全国から志あふれる10組の家業承継予定者が集まり、それぞれの家業の未来展望や、現在の悩み・アクションプラン等について語り交流を深めた。

昨年12月には「家業イノベーションLIVE!2017」を開催。
8名の家業イノベーターに登壇頂き、総勢40名以上の参加者と
「家業のイノベーションの起こし方」
「自分らしく家業に関わるには」
をテーマに話し合う場を創りだした。

今年3月には、「家業イノベーションCafe福岡」を開催。
5名の家業イノベーターに登壇頂き、約30名の参加者と交流を深める等
順次、全国キャラバンを実施中!

※詳細は家業イノベーション・ラボのサイトをご確認下さい。
https://kagyoinnovationlabo.com/

参加費

無料

申し込み

以下のフォーマットに従ってお申し込みください。

(注)
●参加された方の写真は、主催者のウェブサイト、Facebook、広報資料等で使用させていただく場合がございますので、予めご了承の上、お申し込みください。
●個人情報につきましては、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはございません。
※申し込みは終了いたしました。