-->
【実施済】7.11 Thu 家業×SDGs 日本の中小企業のサーキュラーエコノミー化を目指して!
家業×SDGs 日本の中小企業のサーキュラーエコノミー化を目指して!

持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成される「持続可能な開発目標(SDGs)」への関心が高まっています。企業のSDGsへの取り組みも活発化していますが、中小企業への浸透は十分ではありません。SDGsを地域レベルで実践する上で、地域に根付く中小企業(特に家業)のアクションは重要です。このセミナーでは、株式会社大川印刷の大川哲郎社長とプランティオ株式会社の芹澤孝悦CEOが、自社のSDGsの取り組みを報告します。また、グループディスカッションにより、SDGsやサーキュラーエコノミー(循環型経済)を実現させる道を、参加者とともに探ります!ご興味のある方は是非お越しください!

実施概要

日時:7月11日(木)18:30~20:00 (受付開始:18:00~) 
定員:30名
場所:毎日メディアカフェ
   東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞東京本社ビル(パレスサイドビル1階 東側一番端)
主催:
毎日メディアカフェ
企画:家業イノベーション・ラボ

お申し込みはこちら ↓

https://kagyoinnovationlabo-sdgs.peatix.com/

TIME LINE

1日目
18:00 受付開始
18:30 開演
20:00 終演

GUEST&MENTORS

大川哲郎(おおかわ・てつお) 氏 氏


株式会社大川印刷代表取締役社長。東海大学法学部卒。1993年大川印刷入社、2005年代表取締役社長に就任。2001年社会起業家との出会いから、「印刷を通じて社会を変える」視点に気付き、2004年「本業を通じて社会的課題解決に取り組む『ソーシャルプリンティングカンパニー』」というビジョンを掲げる。食物アレルギーや宗教上の理由で食材を自由に選ぶことができない人に対しても分かりやすい、ピクトグラム(絵文字)の活用を推進する「食材ピクトグラム」の他、複数の社会的課題解決プロジェクトを各種NPOと協働で推進している。神奈川県印刷工業組合副理事長、横浜グリーン購入ネットワーク副会長。

芹澤孝悦(せりざわ・たかよし)氏 氏


プランティオ株式会社 CEO & Co-Founder。大学卒業後ITのベンチャー企業に入社。エンターテインメント系コンテンツのプロデューサーを経て、日本で初めて「プランター」という和製英語を発案・製品を開発して世に広めた家業であるセロン工業へ。男性から女性に花を贈るフラワーバレンタインプロジェクトの立ち上げや2012年業界最大の国際園芸博覧会フロリアードの日本国政府スタッフとして参画。60年前に開発された元祖「プランター」をその当時の熱い開発マインドと共に今の時代にあった形で再定義し、次世代の新しい「人と植物との関わりかた」を模索する3代目。

CONTACT US

家業イノベーション・ラボ実行委員会 kagyoinnovationlabo@gmail.com

FOLLOW US

最新のニュースをお届けします!